インプラントについて

560.jpg

 

material_tp11.jpg入れ歯では得られない『安定感』が
最大のメリットのインプラント。

インプラントにすると固いものでも問題なく噛むことができ、
異物感や発音障害も解消できます。
また、ブリッジのように歯を削る必要はありません。

見た目も天然の歯と同じで
自信を持って食べたり、飲んだり、笑ったりできます。 

◆すっきりとした見た目
◆周囲の歯を傷つけない
◆天然の歯と同じ噛み心地

・・・などの理由で 乳歯、永久歯に変わる「第3の歯」としてインプラントのニーズはますます高くなっています。 

560aa.jpg

 

material_tp12.jpg◆◇診査◇◆
歯のない所にインプラントを埋入できるだけの骨があるか診査します。
↓↓
◆◇一次手術◇◆
人工歯根を埋入します。
その後、人工歯根と骨がくっつくまで3~6ヶ月程度待ちます。
↓↓
↓↓
↓↓
◆◇二次手術◇◆
人工歯根がくっついたことを確認し、人工歯根に土台を立てます。その後、型をとり、かぶせ物を入れます。 

 

560a.jpg

560.jpg

 560a.jpg

 ◆痛みについて◆
麻酔は原則的に、局所麻酔にて行います。
麻酔が覚めるときに、少々痛む場合があります。
その時には、頓服を服用した下さい。


◆腫れについて◆
手術後の2~3日は少々腫れる場合があります。また、部分的に充血して”ほっぺ”が青くなることもあります。
これは4~6日程度で治まり元に戻ります。


◆しびれが、残る場合があります◆
下あごにインプラントを行う場合、しびれが残る場合があります。
大抵の場合、日が経てば治っていくのですが、時間がかなり必要な場合もあります。
このような不測な事が起こらないようレントゲンなどの資料を多く頂き最善の努力を致します。


◆インプラントのやり直しが起こる場合があります◆
折角インプラントを植えても、その場所の骨の状態によってはインプラントが抜ける場合や、やり直しが必要な場合があります。
大抵の場合、やり直しは比較的に簡単な処理で済みます。


◆手術当日のご注意◆
手術当日はなるべく車の運転をお控え下さい。
手術後2~3日の食事は、柔らかい物にして下さい。
手術後は、局所を冷やして下さい。
お薬の飲み忘れに、ご注意下さい。


◆定期検査について◆
インプラント治療の結果を良い方向へ持ってゆくため、また長持ちをさせるため定期検査にご協力下さい。


◆◇ お知りになりたい事があればどのような事でも、遠慮なさらずお聞き下さい。 ◇◆